法人口座に必要な書類

法人口座を開設する時、金融機関は詐欺被害を防ぐために、法人口座の開設に関して厳しいチェックをしているようです。ここでは、法人であることを証明するための必要書類について紹介します。口座開設の参考にしてくださいね。

法人口座に必要な登記事項証明書

法人口座に必要な定款

法人口座に必要な代表取締役の印鑑証明書

個人の実印が必要になる

法人口座の開設で必要となるのが代表取締役の印鑑証明書です。会社の実印とは別物で、代表取締役の個人としての実印が必要になってきます。個人の実印登録を行っていない場合は、住民登録をしている自治体に申請を行いましょう。申請は原則として本人が直接窓口で行う必要があり、代理人が申請する場合には委任状を用意しなければなりません。申請の受付が終わると、自治体から本人宛に回答書が郵送されてきます。必要事項を記入したら、登録する印鑑と本人確認書類を持って窓口へ行きましょう。書類の確認が終わり次第、印鑑証明書を即日交付してもらえます。代理人が回答書を持っていく場合は代理人の本人確認書類も必要になるので注意して下さい。

オンライン申請なら早く入手できる

法人口座を開設するには、代表取締役の印鑑証明書以外にも準備しなければならない書類があります。会社の登記簿謄本として、以前の変更登記の履歴が含まれている履歴事項全部証明書が必要です。役員や商号の変更なども記載されており、銀行の審査を受けるときには欠かせない書類となっています。会社印や定款も必ず必要で、銀行によっては会社の運営状況を把握できる資料を求められることもあるでしょう。新しく設立したばかりの法人など、運営の実態が掴めない段階では銀行側の警戒も強めです。法人口座の開設が難しいときは、事業が安定してから改めて申し込むほうが良いでしょう。カードリーダーなどの環境が整っていれば、印鑑証明書はオンライン申請でも入手できます。

法人口座をスムーズに作るポイント

法人口座を作る時、スムーズに作れずに何度も銀行に行ったり書類を準備したりして手間がかかり、困る経営者も少なくありません。ここでは、法人口座を作る際のポイントをお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

法人口座に必要な資本金の最低額を確認する

法人口座を作る場合は銀行の審査があり、事業内容や所在地などがその対象になりますが、資本金の金額がいくらかということも重要になります。そもそも「資本金」というのは、会社の事業を始めるときに自分が持っ…

法人口座に必要な事務所の実態を明確にする

法人として口座を利用したいのであれば法人口座を作りましょう。ただ、誰でも開設できるとは限らず、申し込んでも断られる場合があります。銀行にもよりますが審査が行われており、それを通過する必要があります…

法人口座に必要な会社の事業目的を明確にする

法人口座を開設するには、とにもかくにも審査を通過しなければなりません。提出する書類の種類も多いですし、審査の基準も高めの設定になっています。というのも、法人口座が詐欺に利用されるケースもあり、銀行…