法人口座に必要な事務所の実態を明確にする

法人口座を作る準備をしよう!

法人として口座を利用したいのであれば法人口座を作りましょう。ただ、誰でも開設できるとは限らず、申し込んでも断られる場合があります。銀行にもよりますが審査が行われており、それを通過する必要があります。では、通過するために必要なものは何でしょうか。必ず必要になるのは登記簿謄本や本人確認証明書、会社実印などです。他にも法人設立時の届出書や納税証明書、会社のパンフレットなどが必要になる場合があります。資本金についても調べられるので、適切な金額を示すようにしましょう。面談を設けているところもあるので、口座を作る目的や事業内容についても聞かれます。そうした審査を経て初めて法人口座を持つことが可能になります。

法人口座を持つ目的や事業内容をはっきりさせよう!

法人口座があれば会社のお金を預けておけるだけでなく融資を受けられるなどメリットがあります。ただ、口座を開設するには審査があり、利用目的や資本金について細かく聞かれる場合が多いです。事業内容によっては作れないこともありえます。なので、法人口座を持つ為にはまず目的をはっきりさせる必要があります。それだけでなく、会社について審査されるます。例えばシェアオフィスやバーチャルオフィスの場合はマイナスの評価につながることが多いです。これは簡単に会社が移転できてしまうためで銀行側は警戒をしてしまうのです。他には電話番号を携帯電話ではなく必ず固定電話にして申請しましょう。このように銀行側を信用させられる要素が法人口座を開設する上で大切なのです。