法人口座に必要な資本金の最低額を確認する

会社の設立自体は資本金1円からでもできる

法人口座を作る場合は銀行の審査があり、事業内容や所在地などがその対象になりますが、資本金の金額がいくらかということも重要になります。そもそも「資本金」というのは、会社の事業を始めるときに自分が持っている運転資金のことを意味します。したがって、この金額が多ければ多いほど資金繰りが楽になりますし、借金を少なくしたりすることができるのです。実際の金額については、かつては有限会社は300万円以上で株式会社は1,000万円以上と決められていましたが、新会社法が施行されたことにより、資本金が1円でも会社を設立できるようになりました。しかし実際の中小企業は、資本金を100万円~300万円程度に設定しているケースが多いと言えるでしょう。

資本金が少なすぎると審査に通りにくくなる

先ほど紹介したように、資本金がたった1円でも会社の設立はできるのですが、法人口座を作る場合は、あまりに資本金が少なすぎると銀行の審査に通りにくくなってしまいます。なぜかというと、資本金が少なすぎると、事業実態のないペーパーカンパニーなのではないかと疑われてしまうからです。銀行としては、本当に事業を行っているかどうか分からないような会社に口座を作らせることは避けたいため、ほかにも会社所在地での事業実態の確認が行われることもあります。資本金の最低額については、銀行側も明確な基準を示しているわけではないため、ハッキリしたことは言えません。しかし、中小企業の資本金は100万円~300万円程度が多いということを考えれば、最低でも100万円程度の資本金を設定しておいたほうがよいと言えるでしょう。